【考察】「ルパン三世 ths Last Job」(ネタバレ)ルパン声優陣(ルパン以外)における最後の作品

アニメ

作品紹介

制作 2010年
ジャンル アニメ
監督 アミノテツロ
キャスト 栗田貫一小林清志井上真樹夫増山江威子納谷悟朗

『ルパン三世 the Last Job』は、2010年、ルパンTVスペシャルシリーズの第21作目として放映された作品です。

映画を無料で見たい方はコチラ

このアニメのみどころ

今回のみどころは、ルパンの声優陣です。

サブタイトルに『the Last Job(最後の仕事)』とありますが、一体何が最後なのか?

「もしかして、ルパン三世TVスペシャルシリーズが最終回!?」と思いたくなっちゃいますが、安心してください、履いてますよ!これは最終回ではありません。

なんと本作は、長年ルパンシリーズの声優を担当してきた、井上真樹夫さん(石川五エ門役)、増山江威子さん(峰不二子役)、納谷悟朗さん(銭形耕一役)の4人にとって、声を務めた最後の回となっているのです。

まあ、作中でもルパンは仕事がうんぬんかんぬん言っているため、そことの絡み合いもあると思うのですが、何がLastなのかというと、ズバリこの4人の声優としての仕事についてだったのです。

(ストーリー自体は、ルパンシリーズとしてはよくある感じの作り)

 

この回で、ルパン以外の4人のメインキャラクターたちの声も聞き納めです。

名残惜しいファンも多いと思いますが、ドラえもんの声優が全変わりしたように、声優の方たちも歳をとりますので致し方ないことなんでしょうねぇ・・・

 

4人の気合の入ったボイスをお楽しみください。

登場人物

神楽坂飛鳥

今回のゲストヒロイン。ICPO所属の捜査官だが、その正体は風魔一族の血を引く忍者。

手裏剣、苦無、鎖鎌など、あらゆる忍び道具を使いこなすうえ、口笛で犬笛の音を出し、忍犬虎太郎を自由自在に操る。

潜入捜査を命ぜられており、TVレポーターに成りすましている。

忍者の格好をすると、絶妙にエロい。

摩耶

飛鳥と同じく風魔一族の末裔。

モルガーナの部下として働いているが、本心で仕えている訳ではない。

飛鳥とは常に連絡を取り合っており、飛鳥の活動を密かに支援している。

モルガーナ

忍者武装集団を率いる頭領。普段は仮面を被り、顔を隠している。

世界中でテロ活動を行っており、破壊活動のために”風神”を手に入れようとする。

マシンガン、手りゅう弾、グレネードランチャーなどあらゆる火器を使いこなす。

アンドレ・マクシム

モルガーナの傭兵。巨大なヨーヨーを武器として操る。基本は脳筋。

特殊なプロテクターを装備しており、拳銃の弾をはじき返すことができる。

次元とは因縁があり、「イカれた殺し屋」と評されている。

レイモンド・ラブレス

モルガーナの傭兵。両手両足に鉄の爪を装備している。

甲高い奇声を発しながらの戦闘スタイルが特徴的。

素早い動きで相手を翻弄するのが得意。

存在感無くひっそりと死んでいくのがかわいそう。

ストーリー(細部)

序盤

今回のルパンの獲物は、地獄如来像。この仏像には、ある秘密が隠されている。

ヒットラーや織田信長など、世界的な権力者たちが探し求めたという風神。地獄如来像には、この風神の在りかが示されているはずなのだ。

 

ルパンは、厳重な警備をすり抜け、あっという間に仏像を盗み去ってしまう。銭形はいつものようにルパンを追跡し、その様子を生中継する気合の入った女性TVレポーター。

何を隠そうこの女性レポーターは、潜入捜査中のICPO捜査官・神楽坂飛鳥

ところが、ここで突然横やりが入る。戦闘ヘリが現れ、謎の戦闘員たちがルパンが持っている仏像を持ち去ってしまう。そして、銭形は殉職。

銭形の葬儀が執り行われる中、飛鳥は銭形の復讐を誓う。そしてルパンたちも、今回の仕事を必ず成功させようと決意を新たにするのだった。

 

仏像を持ち去った集団は、日本の忍者軍団がルーツとなっている武装集団で、世界中で破壊活動を行っているテロ組織。

その武装集団の頭領が、モルガーナ。目的達成のためなら殺人すらいとわない、恐ろしい男だ。

モルガーナの次の目標は、”北条景虎の宝刀”

 

モルガーナは、宝刀を手に入れようと早速美術館に潜入するが、ここで飛鳥とルパン一味、さらには不二子が乱入。

しかし、四つ巴の争奪戦を制したのはモルガーナだった。

モルガーナは、美術館を完全に破壊したうえ、宝刀を持ち去ってしまう。

 

飛鳥は、モルガーナ本拠地への単独潜入を決意する。

中盤

モルガーナは、宝刀を使って地獄如来像から”六角の石”を取り出すが、一瞬のスキをついて飛鳥が六角の石を入手。そして、ルパン一味が飛鳥の逃走を手助けする。

しかし、モルガーナの部下であるマクシム、そして宝刀を振り回す正体不明の武者が六角の石を奪い返そうとする。この二人に対峙したのは、次元五エ門

巨大ヨーヨーを操るマクシムに次元は大苦戦。負傷をしてその場から脱出する。

一方、宝刀を振り回す謎の武者と斬り合う五エ門だったが、なんと鎧の中身は女の忍者だったことが判明。女忍者は、宝刀を持ったまま海に飛び込んで逃げ出してしまう。

 

なんとこの女忍者は、飛鳥と同じく風魔一族の血を引く忍者だった。名前は摩耶

摩耶は、表面上はモルガーナの部下だが、実は飛鳥と連絡を取り合い、モルガーナが風神を手に入れることを阻止しようとしていたのだった(モルガーナは摩耶の裏切りに感づいており、飛鳥を斬るよう摩耶に命令する)。

 

その後も、モルガーナの部下レイモンドが飛鳥から六角の石を奪い返そうとするが、再びルパンが逃走を手助け。最終的には、不二子が漁夫の利を得る形で六角の石を持ち去っていく。

そして不二子は、六角に石をモルガーナのもとに持ち込むのだった。

モルガーナは、ついに風神の在りかを突き止める。

 

なお、ルパンと飛鳥が協力してモルガーナに立ち向かっていこうとするなか、殉職したと思われていた銭形が、棺桶の中から完全復活する。

終盤

ルパン一味と飛鳥は、モルガーナの本拠地に潜入し、モルガーナが突き止めた風神の在りかを盗み出すことに成功。モルガーナに先んじてローマの廃都市へ飛ぶ。

ルパンは、廃都市に隠された謎を次々に解き、ついに風神を入手。そして、風神を起動させることができるのは、風魔一族の末裔(つまり飛鳥と摩耶)が発する声であることも判明。

しかし、そのことを知ったモルガーナによって、飛鳥は拉致されてしまう。

ルパンは、飛鳥を助け出すため、風神を持ってモルガーナの別荘へと向かう。

ここで、飛鳥と摩耶、そして風神を賭けた最後の戦いが始まる。

アンドレやレイモンドも加わり、戦いはさらに激しさを増すが、次元や五エ門の活躍により二人を排除。

戦いの最中、電流を流されて苦しむ飛鳥と摩耶。ご主人様のピンチを案じて、虎太郎が大きな鳴き声を発する。

すると、なんと虎太郎の鳴き声を受けて風神が起動。なんと、風神の起動スイッチは虎太郎の鳴き声だったのだ。

 

なんと風神は、地上にブラックホールを作り出すという恐ろしい兵器だった。

ラストシーン

モルガーナは、起動を始めた風神を持ち、戦闘ヘリで脱出を図る。

しかし、ここでルパンがモルガーナに食らいつく。

風神は、すでにブラックホールと化し周囲の全てを飲み込もうとしていた。

ルパンは、風神をモルガーナの方に向けて消滅させる。

 

風神の真の秘密を知った飛鳥と摩耶は、五エ門に頼んで風神を真っ二つに斬ってもらうのだった。

1分で振り返るストーリーまとめ(忙しい人向け)

忙しい人向けに、本作のストーリーを1分で把握できるようにまとめてみました。

✔ かつての権力者達が手に入れようと躍起になっていた”風神”。ルパンは、その隠し場所のヒントとなる”地獄如来像”を盗み出すと、それを横取りする集団がいた。それが、モルガーナ率いる忍者集団。
✔ ICPO捜査官の神楽坂飛鳥は、風魔一族の末裔であり、代々風神を守るという使命を負っていた。これにより、飛鳥も風神の争奪戦に加わることとなる。
✔ 飛鳥を密かに支援していたのは、モルガーナの部下の摩耶。しかし、摩耶の裏切りがモルガーナにバレてしまう。
✔ モルガーナは、飛鳥と摩耶を捉えて縛り付け、虎太郎の鳴き声をもってブラックホールの製造に成功する。
✔ 土壇場でルパンが風神を奪い返し、逆にモルガーナをブラックホールに吸い込ませる。
✔ 最後は、五エ門が斬鉄剣で風神を真っ二つに斬る。

興味が湧いた方は、是非ともストーリー(細部)も読んでみてくださいね!!

考察及び感想

飛鳥の潜入捜査は効果があったのか?

飛鳥は、VTレポーターに扮して潜入捜査を行っていましたが、これは一体何のための潜入捜査なのかという疑問が残ります。

そもそも潜入捜査とは、警察官がマフィアなどの犯罪組織内部に構成員として潜入し、犯罪の証拠をつかむために行うものです。

飛鳥は、自分が忍者であることを銭形に打ち明けており、ルパンの逮捕にうってつけと評価されていました。

つまり、飛鳥は警察官という身分を隠しながらルパンの仲間になり、逮捕のチャンスを伺うべきだったのです。その方が、効果の高い潜入捜査となっていたはず。

TVレポーターになったとて、あまり意味は無いのでは?(そもそも”潜入”ですらない)

最後はもうひと捻り欲しかった・・・

最後、風神の力によりブラックホールが生成され、周囲のものはすべて吸い込まれてしまいます。

モルガーナはもちろん、ルパンもまさに風神の至近距離にいたわけです(ルパン自身も、ブラックホールに吸い込まれていく感じのアニメーションになっていました)。

 

しかし、生き残ったのはルパン。

主人公だから当然と言えば当然なんですが、「一体なぜモルガーナだけ吸い込まれてルパンは助かったのか?」という設定に何も触れられていません。

ココは正直、もうひと捻り欲しかった・・・

 

映画やアニメで、主人公と悪役が同士討ちのような感じになる時でよくある形が、例えば”恋人にもらったアクセサリーが、偶然銃弾を受け止めてくれて助かった”みたいな設定です。

ここでも、”ルパンが何かしらアイテムを持っていたことでブラックホールに吸い込まれずに済んだ”的な感じで終わっていれば、伏線回収としても見事だったんですが・・・

特に理由もなくルパンが助かってしまったのは、なんとなく雑な気がします。

主要VOD4社配信状況

見放題 有料
Amazon Prime Video
U-NEXT
hulu
TSUTAYA TV

映画を無料で見たい方はコチラ

 

 1,100 total views,  1 views today

コメント

タイトルとURLをコピーしました