【考察】「メメント」(ネタバレ)わかりやすく意味を解説

名作

作品紹介

制作 2000年
ジャンル 人間ドラマ
監督 クリストファー・ノーラン
キャスト ガイ・ピアースキャリー=アン・モスジョー・パントリアーノ

『メメント』は、物語の進行軸をあえてバラバラに描くという斬新なスタイルをとっています。

このスタイルには、”10分後に記憶を無くす主人公”という設定が絶妙にマッチしており、映画の完成度をさらに高めています。

 

アカデミー賞においても、脚本賞と編集賞にノミネートされ、アメリカが半永久的な保存を推奨する「アメリカ国立フィルム登録簿」にも登録されているなど、世界中から高い評価を受けた映画です。

映画を無料で見たい方はコチラ

この映画のみどころ

この映画の最大のみどころは、その斬新なストーリーの進行要領にあります。

冒頭でも書いたとおり、物語の時間軸が過去と現在バラバラに進行していきます。

まず、白黒で進行するパートは物語の最初の方から進行するパートであり、カラーのパートは物語の最後の方から逆行するパートになっています。

そして、カラーパートと白黒パートが交互に映し出され、最後には二つのパートが重なります。つまり、序盤と終盤を交互に見ながら、中盤をラストシーンとして見るという感じです。

 

主人公のレニーは、10分後には新しい記憶がすべて無くなってしまうので、重要と思うことはメモに書き残したり、タトゥーで自分の身体に彫り込んだりしながら、妻を殺した犯人を捜し求めていきます。

目の前にいる人間は誰なのか?今自分は何をしようとしているのか?レニーは、すべてメモやタトゥーを頼りに行動していくこととなるのですが、そんなレニーを利用してしまおうという悪い奴らが出てくるわけです。

 

そいつらはレニーの味方なのか?もしくは敵なのか?

そして、最後のどんでん返しは圧巻です。

登場人物

レナード・シェルビー(レニー)

本作の主人公。以前は保険会社の調査員をしていて、最愛の妻と二人で生活していたが、強盗に襲われたことにより、妻は殺され、自分は頭部にケガを負ってしまう。

その時のケガがきっかけで、10分経つと記憶が無くなるという頭になる。

殺された妻の復讐を果たすため、犯人「ジョン・G」を捜している。

 

レニーにとってみれば、出会う人はすべて初対面であり、過去に交わした会話などはすべて覚えていない。もちろん、自分が何をしようとしていても、途中で目的を忘れてしまう。

テディ

レニーに好意的に話しかけてくる協力者。

しかし、レニーのメモによると、「奴の嘘を信じるな。奴が犯人だ。殺せ。」とだけ書いてある。

ナタリー

バーを経営している。レニーの協力者。

レニーのメモによると、レニーが妻を失ったように、ナタリー自身も恋人を失ったことから同情心で協力してくれるとのこと。

サンディ

レニーの保険屋時代の顧客。

レニーと同様に、10分経つと記憶を失ってしまう体質で、レニーが調査を担当していた。

サンディの妻は、記憶を失うサンディの世話に疲れ果て、自殺している。

レニーの左手には、「サンディを忘れるな」というタトゥーが残されている。

ドッド

麻薬の売人。なぜかレニーをつけ狙う。

ジミー

ナタリーの恋人。

「テディ」という名前の男に会いに行ったっきり、帰ってこないという。

ストーリー(ネタバレ注意)

序盤

10分後には新しい記憶の全てを失ってしまうレニーは、自分の妻を殺した犯人「ジョン・G」を捜していました。

 

そんなレニーは、テディと町はずれの廃屋を訪れた際、「奴の嘘を信じるな。奴が犯人だ。殺せ。」というメモを見て、テディをジョン・Gだと思い殺してしまいます。

開始早々なかなか衝撃的な始まり方ですが、最初の関心ごとは「なぜレニーはこんなメモを残したのか?」というところにあります。

 

実はレニーは、ナタリーから情報提供を受け、ジョン・Gの車のナンバーや顔写真などを入手していました。

ジョン・Gの顔は、レニーが持っている「テディ」と書かれた写真とそっくりでありであり、その写真の裏には「奴の嘘を信じるな。」と書かれていました。

レニーは、テディの正体がジョン・Gであると思い、写真に「奴が犯人だ。殺せ。」と追記していたのです。

 

では、レニーに情報を提供したナタリーという女はいったい何者なのか?次の関心は、ナタリーに移っていきます。

中盤

実はレニーは、ナタリーと一晩を共にしているのです(なぜそうなったかは、レニーは全く覚えていない)。

ナタリーの話によると、ナタリー自身も恋人を失っており、妻を失ったレニーに同情心が湧いたということに加え、レニーに助けられたお礼として”ジョン・G”探しに協力しているということなのです。

 

では、レニーがナタリーを助けたとは、一体どういうことなのでしょう?

実はナタリーは、ドッドという男につけ狙われており、「金を持ってこないと殺す」と脅されているということらしいのです。レニーは、ナタリーを守るためにドッドをボコって街から追放していたのです。

 

では、なぜレニーはドッドに出会うことができたのか?

実は、ドッドからレニーへのアプローチがあったのです。ナタリーの話によると、ドッドに殴られた時にレニーの車のナンバーを教えてしまったということらしいのです(レニーからすれば、知らないオッサンから急に襲われて、やっつけてみたらそいつがドッドだったという感じ)。

 

しかし、レニーがナタリーと出会った頃、レニーはテディからとある忠告を受けています。それは、「ナタリーはヤバい女だから近づくな」というものです。

どうもナタリーは、保身のためならなんでもやる女だというのです(しかし、”嘘つき”というメモを見たレニーは、テディのことを信じない)。

終盤

この辺から、ナタリーの悪女っぷりが露になっていきます。

まず、ナタリーの顔についていた”殴られた痕”ですが、ナタリーは「ドッドに殴られた」と言っていましたが、実はこの傷は、レニーがナタリーを殴ったことによってついた傷だったのです。

ナタリーは、ドッドに殴られたという状況を作為するため、レニーを挑発して自分を殴らせていたのです(レニーにメモされないため、予め部屋中のペンを片付けておくという徹底ぶり)。

記憶を失ったレニーは、ナタリーの言葉を信じるしかありませんでした。

 

つまり、ナタリーのことに関しては、テディの言っていることが正しいということになったのです。

これまでこの映画は、”テディはとんでもない食わせ者””ナタリーは友好的な協力者”という構図でしたが、一変してナタリーの方がヤバい奴ということが判明したのです。

 

ここで思うのは、「テディはいったい何者で、レニーとはどんな関係だろうか?」ということです。

ラストシーン

レニーは、テディから「ジョン・Gを見つけた。町はずれの廃屋に誘い出した。」という情報をもらいます。

レニーが廃屋に行ってみると、そこにはナタリーの恋人ジミーの姿がありました。レニーは、その場でジミーを殺してしまいます。

 

そしてレニーは、その後に駆けつけてきたテディから、衝撃的な真実を聞きます。

 

・レニーの妻は、強盗に襲われた日、実は生きていた。しかし、記憶を失ったレニーの世話に疲れ果て自殺した。レニーは、その事実を避けるようにして、いつの間にか”サンディ”という架空の記憶に置き換えてしまっていた。

・テディは、本名を「ジョン・ギャメル(ジョン・G)」といい、職業は警察官。テディは、レニーの復讐に協力し、”ジョン・G”に関する資料を横渡ししていた。

・実はレニーは、テディからもらった情報をもとに、犯人の”ジョン・G”を見つけ、殺している。しかし、殺したこと自体を忘れ、存在しない”ジョン・G”をずっと探していた。

・テディは、そんなレニーを利用しようと考えた。ジミー(本名は「ジョン・ジェームレス(ジョン・G)」)をレニーに殺させて、麻薬売買のお金20万ドルを自分のものにしようとしていた。

 

もちろん、レニーはすべて覚えていません。

 

真実を聞かされたレニーですが、復讐心が満たされていないためか、テディの写真の裏に”奴の嘘を信じるな”と書き記し、「君が俺のジョン・Gだ」というセリフと共に、テディの車のナンバーを”真実”という言葉と共にメモするのでした。

考察及び感想

最後の最後でようやくすべてが繋がったという感じですね。

ここで、この映画の考察を加えてみましょう。

 

テディのことについては、ラストシーンでいろいろわかったので、ナタリーのことについて深堀していきます。

ナタリーは、恋人のジミーとともに麻薬の密売に手を染めていました。二人は、バーのコースターの裏にメッセージを書いて、伝言のやりとりをしていたのです。

ある日、ジミーはレニーによって殺されてしまいます。これによりナタリーは、ジミーの商売相手だったドッドから、「ナタリーは金と麻薬を持っている」と思われてしまうようになるのです。

ナタリーにとって、ドッドは邪魔な存在だったということです。

そんな時ナタリーは、ジミーを殺した犯人がレニーであり、さらにレニーは10分で記憶を無くしてしまう男だということを知ります。

ここでナタリーは、都合よく記憶を失うレニーを使ってドッドを排除してしまおうと企むのです。レニーに接近したナタリーは、一芝居うって被害者の立場を装い、レニーにドッドを殺させたのです。

 

こうやって考察してみると、ナタリーはとんでもない曲者であることがわかります。

 

そして、なぜレニーは最後、テディから「本物のジョン・Gは既におまえが殺している」という話を聞いているのに、ジョン・G探しを止めなかったのか?

恐らくレニーは、”妻の仇をうつ”ということではなく、”ジョン・Gという名前の人間を殺すことによって復讐心を満たす”ということに目的が変わってしまったのだと考えられます。

それは、レニーが”殺したことさえ忘れてしまう”というのが原因と思われます。

本物のジョン・Gを殺しても、ジミーを殺しても、「復讐してやったぜ!」という満足感が得られなかった。

だからこそ、テディのことも殺してしまったのです。そして、今後もレニーは”ジョン・G”を探し続けるのでしょう。

 

それにしても、ストーリー進行が本当に見事な映画でした。一見の価値ありです。

主要VOD4社配信状況

見放題 有料
Amazon Prime Video
U-NEXT
hulu × ×
TSUTAYA TV × ×

映画を無料で見たい方はコチラ

 3,885 total views,  4 views today

コメント

タイトルとURLをコピーしました