映画紹介『ルパン三世 次元大介の墓標』(ネタバレ)世界一を賭けたガンマン対決!!次元大介の魅力が詰まった秀作

アニメ

『ルパン三世 次元大介の墓標』作品紹介

 制作 2014年
 ジャンル アニメ
 監督 小池健
 キャスト 栗田貫一小林清志沢城みゆき山寺宏一

『ルパン三世 次元大介の墓標』は、2013年に放映された劇場版映画です。

ルパンシリーズを映画として放映するのは、『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』以来の18年ぶりとなります。

時系的には、ルパンと次元がコンビを組む前の話という設定になっています。

created by Rinker
¥4,028 (2024/04/25 07:01:57時点 楽天市場調べ-詳細)

映画を無料で見たい方はコチラ

 『ルパン三世 次元大介の墓標』のアニメのみどころ

まずこの映画、大衆向けに放映されるルパンシリーズとどこか雰囲気が違うと思いませんか?

なんというか、タッチに迫力があるというか、どことなくおどろおどろしいというか…

子供向きというよりは大人向きのような…

そうなんです、この映画のターゲットは大人!

ルパンシリーズの対象年齢がどんどん幼児化する中で、小池健監督が中心となって「大人のルパンを作ろう!」と、70~80年代の作画風に敢えて作られたのです。

そもそもルパン三世というコンテンツは、漫画が世に出た頃は完全の大人向けの作品でした。

ところが、その後ルパンシリーズは子供向けコンテンツに方向性をシフト。ストーリーもどんどんソフトになり、最近では『名探偵コナン』と合作アニメをリリースするなど、小さい子供が喜ぶような作風に変貌を遂げました。

商業的に見ればこれは悪くないのかもしれませんが、”大人のルパン”を期待するオールドファンたちは物足りなさを感じていたに違いありません。

そんな”大人のルパン”再来を願うオールドファンたちの心を満たしてくれるのが、この『ルパン三世 次元大介の墓標』なんです!一部グロテスクな表現が含まれるため、R-12指定までされています。

 

ところで本作は、表題が示す通り、ルパンの相棒次元大介に焦点を当てたスピンオフ作品です。

次元と言えば、射撃の腕は世界一、男のかっこよさを背中で語ることができる、ルパンシリーズ登場人物の中でも屈指の人気キャラ。

この映画の中でも、次元のガンマンとしてのプライドや信念がよく表現されており、まさに”男の美学”が堪能できる一作と言えるでしょう。

そして、いろいろと名言が多いことで知られる次元ですが、今回も次元ファンの期待にこたえるかのように、かっちょいいセリフがバンバン出てくるのです。

 

(以下、ちょっとネタバレ(;’∀’))

次元は、凄腕の殺し屋ヤエル奥崎と世界一をかけたガンマン対決をすることになるのですが、ヤエル奥崎は、軽い銃を使っていたため次元よりも一瞬銃を抜くのが早く、次元はそんなヤエル奥崎に敗北を喫してしまいます。

ところが次元は、愛銃のS&W M19を手放すことをせずに使い続け、超人的な射撃技術を駆使してヤエル奥崎に雪辱を果たすことになります。

この時の次元のセリフ。

「オメェがどんなに軽い銃を使おうが知ったこっちゃないが、俺に言わせりゃロマンに欠けるな」

いやー、痺れますね。ルパンシリーズの中で一番かっちょいいセリフなんじゃないかと個人的には思います。

そして次元は、左手を負傷して倒れこむヤエル奥崎を見て「ガンマンとしての奴は死んだ」と言い残し、とどめを刺さずにそのまま去っていくんですね。無駄な殺生をせず、例え殺し合いをした相手でも勝負が終われば情けを掛ける。まるで武士ですね。

ガンマンとしてのプライド、愛銃に対するこだわり、そして男の美学。最高です。

 

ちなみにですが、このヤエル奥崎という男もとても魅力的なキャラクターなんです。

ヤエル奥崎はプロの殺し屋で、次元に勝るとも劣らない射撃技術の持ち主。プロ意識が強く、仕事を行う時は必ず白いスーツを着用します。そして、卑怯な手は使わずに正々堂々と勝負に挑みます。

最後の次元との勝負の時、彼は恐らく自分の死を予見したのでしょう、勝負前に「着替えさせてくれ」と言って、血の付いたスーツを脱ぎわざわざ新しいスーツに着替えています。

この辺の立ち振る舞い、潔さ。敵ながらアッパレと言えるでしょう。

登場人物

ヤエル奥崎

秘密クラブのオーナーに雇われているプロの殺し屋ヤエル奥崎に狙われて、生き延びた人間は一人もいない。

スナイパーライフルによる遠距離狙撃が専門だが、近距離における早撃ちも得意。単純な抜き撃ちスピードだけなら、次元をも上回る腕を持つ。

ターゲットとなる人間の墓を事前に作ってから仕事をするという、風変わりな習慣を持っている。(墓石代がバカにならないのでは?)

また、ターゲットを撃つ前には必ずサイコロを振り、出た目の数だけ弾を撃ち最後の一発でとどめを刺すというマイルールがある。

クイーン・マルタ

東ドロア出身の世界的な歌手。平和主義思想の持ち主で、自分が歌を歌うことで紛争を無くさせることができると信じ、日々活動している。

東ドロアと西ドロアの関係悪化を懸念し、敢えて敵国である西ドロアでの公演を強行するが、ヤエル奥崎によって殺害される。

秘密クラブのオーナー

秘密クラブのオーナー。常に仮面をつけており、正体不明。

ヤエル奥崎に殺しの指令を出している張本人。

ストーリー(細部)

序盤

東ドロア出身の世界的歌手クイーン・マルタが、敵対関係にある西ドロアにおいて、公演中に何者かによって射殺されるという事件が起きる。

「救えるはずの命だった・・・」次元は意味深に呟く。

 

ルパンと次元の今回の獲物は、東ドロアからマランダ共和国に譲渡されたという宝石『リトルコメット』

しかし、手際よく盗んだつもりが、あっという間に地元警察に見つかってしまう。まるで、どこかから見られているかのように・・・

 

そして、逃亡中のルパンと次元に遠方からスナイパーライフルを向ける一人の男がいた。それが、プロの殺し屋ヤエル奥崎だ。

ヤエル奥崎は、視界外からの神業的なエイミング能力で、ルパンの足、次元の胸を狙撃する。

ルパンと次元は、負傷しながらも間一髪その場を逃げ出す。

そしてヤエル奥崎は、クイーン・マルタを狙撃した張本人でもあったのだ。

 

その後次元は、なんと「JIGEN DAISUKE」と刻まれた墓石が共同墓地に用意されているを発見する。これは、ターゲットを殺す前に必ず墓石を用意するというヤエル奥崎の手口だ。

次元は、どういうわけかヤエル奥崎の殺しの名簿に載っているらしい。

次元は、ヤエル奥崎との決闘を決意する。

中盤

ルパンと次元は、ヤエル奥崎と決闘すべく本拠地へと乗り込んで行く(当初は次元が「一人で行く」といって聞かなかったが、なんだかんだルパンが付いて来た)。

すると、部屋のモニター画面には峰不二子が映っている。不二子は、バーのショーガールとして働いていたところ、盗みがバレてオーナーに監禁されていて、どういう訳かその様子をヤエル奥崎が監視しているらしい。

 

ここで、ヤエル奥崎が部屋に帰ってくる。次元は、ヤエル奥崎に早撃ち勝負を挑む。

「早撃ちで次元に勝てる奴はいない」

ルパンは確信していた。

 

ところが、次元が撃つよりも早くヤエル奥崎の銃が火を噴いた。致命傷は避けられたが、次元は初めて早撃ちで負けたのだった。

次元の扱う銃よりもヤエル奥崎の銃の方が小型軽量であり、その差が如実に現れることとなった。

 

ルパンと次元はその場を脱出しようとするが、ヤエル奥崎は執拗に追跡してくる。

そしてルパンたちが港の埠頭まで逃げた時、ヤエル奥崎の撃った弾は次元の頭部に命中し、次元は死亡する。

 

ルパンは、監禁されていた不二子を助け出すと、”カラミティ・ファイル”というものが存在することを聞かされる。

これは、東ドロアが作成した暗殺対象者リストのことで、その中にはなぜかクイーンマルタ、そして次元大介も載っていた。

ヤエル奥崎に殺しの指令を出していたのは、不二子が潜入した秘密クラブのオーナー。すべてがこのカラミティ・ファイルで繋がっていたということだ。

ルパンは、このカラミティ・ファイルを利用してヤエル奥崎をおびき寄せ、次元のかたきを討つこととした。

終盤

秘密クラブのオーナーは、ルパンと不二子を殺すようヤエル奥崎に指令を出す。カラミティ・ファイルを取り戻そうというのだ。

ヤエル奥崎は、コーヒーブレイクを楽しむルパンに銃口を向け、引き金を引く。

しかし、そんなヤエル奥崎を狙撃して胸と膝を打ち抜いた人物がいた。それが、死んだと思われていた次元大介だった。

 

ヤエル奥崎は、町中に仕掛けられた監視カメラの映像を、左目の眼帯を通して見ていた。これまで、神業的エイミング能力を発揮できていたのも、この監視カメラの映像があってこそだった。

ヤエル奥崎が港で次元を狙撃したとき、ルパンは細工をして映像の動きを0.5秒遅らせていたため、エイミングに狂いが生じて弾は次元に命中していなかったのだ。

 

次元は、ヤエル奥崎に再び早撃ち対決を挑む。

そして、次元よりも一瞬早く銃を抜いたのはヤエル奥崎。しかし、ヤエル奥崎の撃った弾は次元の頬をかすめたのに対し、次元の撃った弾はヤエル奥崎の利き腕である左腕に命中し、大きな風穴を開けることとなった。

次元は、ヤエル奥崎の撃った弾丸に自分の撃った弾丸を命中させていた。結果、軽い銃を扱っていたヤエル奥崎の弾は弾かれて、重い銃を扱っていた次元の弾は真っすぐ飛んで行ったのだった。

 

左手を骨ごと吹き飛ばされたヤエル奥崎を見て、

「ガンマンとしての奴は死んだ」

と呟き、次元はとどめを刺すことなくその場を後にする。

ラストシーン

結局、クイーンマルタをヤエル奥崎に殺させたのは、クイーンマルタの母国である東ドロアだった。東ドロアは、外交的優位を得るため、クイーンマルタの殺害を西ドロアの犯行に見せかけたかったのだ。

次元は、その事実をマスコミにリーク。東ドロアは、各国からの軍事介入を受けることになる。

 

ルパンと次元は、

「別に俺たちは正義の味方じゃない」

と語りながらカラミティ・ファイルを燃やし、笑いながら煙草の味を楽しむのだった。

主要VOD4社配信状況

見放題 有料
Amazon Prime Video
U-NEXT
hulu
TSUTAYA TV
created by Rinker
¥4,028 (2024/04/25 07:01:57時点 楽天市場調べ-詳細)

映画を無料で見たい方はコチラ

 

Loading

コメント

タイトルとURLをコピーしました