【考察】「ルパン三世 イタリアン・ゲーム」(ネタバレ)あのルパンが結婚!?超人類ニクス登場。

アニメ

作品紹介

制作 2016年
ジャンル アニメ
監督 友永和秀
キャスト 栗田貫一小林清志浪川大輔沢城みゆき山寺宏一

『ルパン三世 イタリアン・ゲーム』は、2016年、ルパンTVスペシャルシリーズ第25作目として放映されたアニメです。

なお、”イタリアン・ゲーム”とは、チェスにおけるオープニング(将棋でいう”定石”)の名称の一つ。

created by Rinker
¥4,357 (2022/10/06 10:04:47時点 Amazon調べ-詳細)

映画を無料で見たい方はコチラ

このアニメのみどころ

このアニメでは、なんと…なんと…あの女好きのルパンがついに結婚をしてしまいます!!

相手は不二子かって?違うんです、ルパンの結婚相手は”レベッカ・ロッセリーニ”!

 

え?誰って?(笑)

実はこの人物、今回紹介するTVスペシャル版だけではなく、ルパン三世TVシリーズPART4において登場したことのある人物でもあるんです。

当然、ただ単に恋愛結婚したという訳じゃありません。それには、深い深い理由が…

 

また、こちらもTVシリーズPART4で登場するMI-6(イギリス諜報部)所属のエージェントである”ニクス”という人物も出てきます。

かつて、原作である漫画の登場人物”パイカル”とルパンとの対決を描いた『生きていた魔術師』というOVAがありましたが、TVシリーズの登場人物が出てくるのは今回が初めてです。

登場人物

レベッカ・ロッセリーニ

本作のゲストヒロイン。サンマリノ共和国にある9大名家のうちのひとつ『ロッセリーニ家』の若き女当主。自由奔放でわがままな性格。

16歳の頃から、モデルや作家などマルチな才能を見せつけ、今や世界中のアイドル。

世界中の男からアプローチをかけており、贈り物としてもらった別荘や高級品などを多数所有している。

莫大な財産を受け継いでいるが、お金には全く興味が無く、何よりもスリルを第一に求めている。

そのため、スキャンダルに絶えることが無くパパラッチたちを歓喜させている。

仮面伯爵

本作の黒幕。仮面をつけているため正体は不明。

オタクを操って電車ジャックを行わせるなど、人心掌握能力に長ける。

作中では、「一体誰が仮面伯爵なのか?」という問題が終始焦点となる。

ロブソン・ズッコーニ

ロッセリーニ家の執事であり、レベッカの世話役。

自由奔放なレベッカに振り回されつつも、忠実にレベッカの命令を遂行する。しかし本心では、ロッセリーニ家の跡継ぎとしてレベッカには当主としての自覚を持って欲しいと思っている。

セルジオ・カルドーネ

イタリア警察の刑事。

ルパンを追う銭形警部に、協力捜査を申し出る。

イタリアの犯罪事情に詳しく、有力な情報を提供することができる。

ガスパーレ・バルサモ

サンマリノ共和国にある9大名家のうちのひとつ『バルサモ家』の当主。『稀代の詐欺師』と言われた史実上の人物アレッサンドロ・ディ・カリオストロ(本名:ジュゼッペ・バルサモ)の子孫。

弱気な性格ではあるが、先祖のカリオストロ伯爵のことを尊敬しており、周りから”詐欺師”などと中傷を受けていることを快く思っていない。

サロ

レベッカ専門のパパラッチ。

レベッカン関するゴシップ記事だけで飯を食っている。

ニクス

MI-6所属のエージェント。

音を聞いて周囲の状況を把握する『エコー・ロケーション』の能力を持つ。

任務遂行の際には、必ず「任務成功○○%」と、誰が聞いてるわけでもないのに成功率を呟くめんどくさい奴。

至近距離からの銃弾を避けることができる。

『エコー・ロケーション』以外にも、いくつもの特技があるらしい。

ストーリー(細部)

序盤

ある日、ロッセリーニ家当主のレベッカが、誘拐され、暴走する電車の中に拉致されているという衝撃のニュースが流れる。犯人は、レベッカの追っかけキモオタファン。

ルパンは、銭形警部と手錠で繋がるというハプニングがあったものの、なんとかレベッカ救出に成功する。

何を隠そう、レベッカは今回のルパンの”お宝”なのだ。

 

先日、ルパンの元に挑戦状が届いた。差出人は”仮面伯爵”で、「カリオストロの遺産をどちらが先に手に入れるか勝負しよう」というものだった。

ルパンと次元は、バルサモ家の当主ガスパーレの協力のもとカリオストロの遺産を探すこととなった。そして、レベッカがこの遺産の鍵を握る人物なのだ。

さらにルパンは、今回のレベッカ誘拐事件の裏には、仮面伯爵が裏で糸を引いているに違いないことを悟っていた。

 

ここで、突然の展開に。

ルパンはレベッカにプロポーズし、二人は結婚することに。

周囲を驚かせたルパンだったが、これには狙いがあった。

サンマリノの国宝”リベルタスの王冠”。この王冠は、名家の結婚式翌日の儀式の場にのみ日の光を浴びる。この王冠を盗むため、ルパンはレベッカと結婚したのだった(結婚詐欺やん…)。

 

その後ルパンは、レベッカを別荘に置いたまま見事に王冠を盗み出そうとするが、ここでルパンに先んじて王冠を盗み出した人物がいた。

その人物こそ、レベッカ。レベッカは、スリルを味わうという目的だけのために、カリオストロ家の遺産の争奪戦に参加すると言い出した。

時を同じくして、銭形はイタリア警察セルジオの協力を得て、ルパン逮捕に動き出す。

中盤

王冠を盗み出すことに失敗したルパン達だったが、代わりに大きな収穫を得ていた。

カリオストロ伯爵には、錬金術を駆使して未知の宝石を作り出すためのアトリエあったのではないかという可能性を掴んだのだ。

 

ここで、ルパンは仮面伯爵と直接対峙する。仮面伯爵は、不二子を使ってルパンに”マリー・アントワネットの首飾り”を盗ませようとしていたのだった。

しかし、裏で仮面伯爵と不二子が繋がっていたことをルパンは既に見破っていたのだった。

マリー・アントワネットの首飾りこそカリオストロ伯爵の遺産であるとして、ルパンたちは早速盗んに動き出す。

しかし、タイミングが悪いことに、英国大使がサンマリノ共和国に訪れていた。警護を担当するのは、MI-6(イギリス諜報部)。皇太子が在国中にトラブルを起こさせたくないMI-6は、ルパンから首飾りを保護しようとする。

MI-6のニクスはかなりの強敵で、ルパンと次元の二人は絶体絶命のピンチに陥る。しかし、ルパンが予め仕掛けていた仕掛けにより、ニクスを撤退させることに成功。首飾りを手に入れる。

しかし、ルパンはその首飾りを不二子に渡してしまう。

 

そんなルパンを見て、仮面伯爵は勝利を確信する。

ルパン、不二子、レベッカ、仮面伯爵…

カリオストロの遺産を手に入れる者は誰なのか?そして、仮面伯爵の正体は?

終盤

舞台は、かつてカリオストロ伯爵が幽閉されていたサンリオ城に絞られた。

レベッカは、サンリオ城をそのまま買い取って私有地にし、好きな罠を仕掛けまくるという荒業に出る。

ルパン、次元、五エ門、不二子もサンリオ城に突入し、激しい争奪戦が開始される。

さらに、銭形警部とセルジオ刑事までもが場内に乱入。

 

混乱する城内だが、なんとここでセルジオ刑事が不審な行動をとる。

牢獄から隠し扉を見つけると、地下に降り、小さな工場のような場所を見つける。

この場所こそが、錬金術を持って未知の宝石を作り続けたカリオストロ伯爵のアトリエだったのだ。

 

ここで、ルパン一味、レベッカ、銭形ら全員が顔をそろえる。

ルパンにすべてを見破られ、セルジオ警部はついに正体を明かす。なんとセルジオの正体は、あのバルサモ家の気弱な当主だったはずのガスパーレだった。

ガスパーレは、仮面伯爵、セルジオ警部、パパラッチのサロの一人3役を演じており、すべての黒幕だったのだ(体系が違い過ぎるんですがそれは…)。

ガスパーレの本当の狙いは、大勢の人間を騙してコマのように操り、遺産を独り占めすること。つまり、現代におけるカリオストロ伝説を作ろうとしていたのだった。

 

ガスパーレは、錬金術工場に保管されている指輪を取る。すると、万物溶解液(何それ怖い…)が流れ出し、岩場が溶け出してしまう。

ガスパーレは孤立してしまうが、ルパンはそんなガスパーレを救出。指輪を持って城を脱出する。

ラストシーン

レベッカは、最後にルパンが言ったセリフを思い返していた。

「俺は俺、俺のやり方で俺のやりたいようにやる、それがルパン三世」

 

その後レベッカは、ルパンからのプロポーズを思い出す。

そして、式を挙げた教会をふと訪れる。

すると、正装のルパンとドレスを着た自分が立っている。しかし、もちろんそれはレベッカが見た幻覚。

レベッカは、笑顔で座り込むと、一人でバージンロードを後にする。

1分で振り返るストーリーまとめ(忙しい人向け)

忙しい人向けに、本作のストーリーを1分で把握できるようにまとめてみました。

✔ 仮面伯爵は、ルパンに挑戦状を送る。内容は、「カリオストロ伯爵の遺産を先に見つけた方が勝ち」というものだった。
✔ ルパンは、レベッカにプロポーズ。二人は結婚することに。しかし、ルパンの狙いは、式後の儀式の時のみに顔を出す”リベルスタの王冠”だった。
✔ ルパンは、やっとの思いで王冠を手にしたものの、レベッカに渡してしまう。
✔ 次にルパンは、”マリー・アントワネットの首飾り”を手に入れるが、それも不二子に渡してしまう。
✔ 最後、ルパンはカリオストロ伯爵のアトリエを見つける。ここで、仮面伯爵が正体を現す。なんと正体は、弱気な当主ガスパーレ。
✔ ガスパーレが不意にアトリエに指輪を抜き取ってしまったため、城は崩壊。ガスパーレは銭形に逮捕される。レベッカは、ひと時でもルパンと争いスリルを味わえたことに感謝する。

興味が湧いた方は、是非ともストーリー(細部)も読んでみてくださいね!!

考察及び感想

結婚はやり過ぎなのでは・・・

今回のルパンの行動で、どうしても私が看破できないことがあります。

それは、財宝のために嘘の結婚をすること、つまり結婚詐欺を働いたことです。

相手が豪放磊落なレベッカだったからまだよかったものの、これがもっとおしとやかな淑女だったら、「これまでの愛の言葉は嘘だったのね…」と悲観してもっと悲しい出来事が・・・なんて可能性だってあった。

しかも、離婚届にサインをもらおうとしていたあたり、ちゃんと公的に入籍もしている模様。

これで離婚が成立すれば、ルパンはもtろんレベッカもバツイチに…これじゃああまりにもレベッカがかわいそう(T_T)

 

いくら財宝のためとはいえ、ちょっとやり過ぎなのではないでしょうか。

回りくどすぎる仮面伯爵の計画

今回の仮面伯爵の、カリオストロ家遺産獲得計画。

これがあまりにも回りくどすぎます。

 

まず序盤、仮面伯爵がキモオタを扇動してレベッカを誘拐させています。

その理由というのは、

①レベッカをキモオタに誘拐させて、敢えて危険な目に合わせる
②絶対にルパンが助けに来る…はず。
③ルパンが助けに来たことで、レベッカはルパンを意識する…はず。
④ルパンは、リベルタスの王冠を手に入れるため、レベッカにプロポーズする…はず。
⑤リベルタスの王冠を手に入れたルパンは、カリオストロ伯爵のアトリエの存在について気付く…はず。
⑥ルパンは、カリオストロ伯爵のアトリエの場所を探し当てる…はず。
⑦そこで自分が横取りしてしまおう。

このように、本人の希望的観測が強すぎて、計画と呼ぶには杜撰過ぎだし、何よりも回りくどい(+_+)

 

さらに、ルパンにアトリエの場所を探らせるために、サロに変身してセルジオに変身して…

マメといえばマメなんですが、ルパンに挑戦状を叩きつけた割には手段が姑息ですね。

ニクスはニュータイプ?

何よりも驚きなのは、MI-6のニクス。

エコー・ロケーション能力という、コウモリやイルカなどの野生動物にしか備わらないはずの能力を持ち、足音を聞いただけでその人の逃げ場所が分かる、という超人。

さらに、ルパンが至近距離で撃った銃弾を余裕の表情で避けています。

 

完全に人類を超越した存在であることが判明したニクス。

ルパンと次元が「今回は相手が悪すぎた」と表現するのも無理はありませんね。

主要VOD4社配信状況

見放題 有料
Amazon Prime Video
U-NEXT
hulu
TSUTAYA TV
created by Rinker
¥4,357 (2022/10/06 10:04:47時点 Amazon調べ-詳細)

映画を無料で見たい方はコチラ

 

 913 total views,  1 views today

コメント

タイトルとURLをコピーしました