映画紹介『フリークス』(ネタバレ無し)本物の奇形者、障害者達を使って撮影された禁断の映画

問題作、衝撃作、上映禁止等

「フリークス」作品紹介

作成 1932年
ジャンル ホラー/人間ドラマ
監督 ドット・ブラウニング
キャスト ウォーレス・フォード、レイラ・ハイアムズハリー・アールズオルガ・バクラノヴァ

『フリークス』は、1932年、サイレント映画時代から映画監督を務めるドットブラウニング監督によって作成された映画です。

created by Rinker
¥4,540 (2024/04/24 23:43:15時点 Amazon調べ-詳細)

映画を無料で見たい方はコチラ

「フリークス」のココがヤバい

この映画のヤバいところは、本物の障害者や奇形児を役者として使っているという点でしょう。そもそも「フリークス(FRAKS)」とは、「奇形者」という意味があります。

作成されたのは、1932年と相当古い作品ですが、内容があまりにも衝撃的過ぎたため、全米で即刻上映禁止措置がなされました。

当時のニューヨーク・タイム誌は「これは人間に見せるべき映画ではない」とまで評し、監督のブラウニングは、この映画がきっかけで映画監督としての道を完全に絶たれてしまったほどです。

 

本物の奇形者、障害者たちをキャストして使用しているという点は、見方によっては、「奇形者、障害者たちを見世物にしている」と解釈することもできます(上映禁止になった理由はここにあります)。

映画の内容としては、差別を助長するような内容になっていないのですが、奇形者達を「バケモノ」と揶揄するなど、コンプライアンス上いかがなものかと思えなくもないです。

しかも、なかなか市場に出回っていないので、手に入れるのに苦労しました・・・

 

この映画は、見世物小屋で”見せ物”として生活する奇形児や障害者たちの人間関係を描いたストーリーなのですが…

そもそも、この映画で出てくる見世物小屋とはどういったものなのか?

その起源は古く、西暦1600年あたりまで遡ります。

当時は、大男や超低身長という”ちょっと珍しい人間”を見世物として経営されていたようです。

ところが、1900年代に入ってからというものの、見世物小屋は奇妙さやおどろおどろしさを売りにするようになり、この映画のような奇形の人間(フリークス)が主役になっていったようです。

有名なところだと、結合双生児、小人症、小頭症、体重50ポンド(約22kg)という極度の低体重症、4本脚の女性、反張膝の女性、顔じゅうから髪が生える高栄養症の男性、剣で刺されても死なない不死身の男性などのパフォーマーが場を盛り上げていました。

一番有名なパフォーマーといえば、遺伝子欠陥のため体中にゴツゴツした腫瘍が出来る”エレファントマン”ことジョセフ・メリック氏。

メリック氏は、本ブログでも紹介している映画「エレファントマン」でその生涯が語られているので、気になる方は是非とも見てください。

 

なお、奇形の人間(フリークス)を見世物とする文化は、人権の問題などから現代では完全に廃れており、世界中のどこに行っても見ることはできないそうです。

「見世物小屋とはどういった性質のものなのか?」ということを勉強してみたい方は、この映画を見ることをお勧めします。

主要VOD4社配信状況

見放題 有料
Amazon Prime Video
U-NEXT × ×
hulu × ×
TSUTAYA TV × ×

「フリークス」登場人物

本筋に入る前に、この映画に登場する本物の奇形者、障害者たちを紹介します。

小人症のハンスとフリーダ 身長が小さいまま大きくならない、先天性の病気を患った二人で、この映画の主人公的な存在です。ハンスとフリーダは婚約していますが、ハンスは健常者の女性に恋をすることに。
小人症のアンジェロ 彼も小人症を患っています。フットワークが軽く、この映画でも要所要所で活躍します。
シャム双生児のデイジーとバイオレット 双子の姉妹ですが、腰の部分が生まれつき繋がっており、常に二人一緒に行動しています。。当然神経も繋がっているので、姉側の肌をつねると、妹側も「今、姉の肌がつねられた」と感じることができます。
作中では、デイジーとバイオレットが別々の男性と結婚することになります。
るいそう”のピーター ”るいそう”とは、脂肪組織が病的に減少し、まるで骨人間のようになる病気です。
ヒゲの濃い女性オルガ まるで男性のようにヒゲが濃い女性です。作中では、出産をするシーンがあります。
インターセクシャルのジョセフィーヌ 半分が男性、半分が女性の性質を持つ。
ゼッケル症候群のクー ゼッケル症候群とは、染色体異常により、低身長、頭が極端に小さいなどの症状に見舞われる病気のことです。
下半身欠損のジョニー 腰から下が無く、手を使って走り回ることができます。
両腕が無いフランシス 両腕が欠損しています。食事をするにも、ワインを飲むにも、すべて足を使います。
四肢欠損のプリンス 両手両足が欠損しています。使えるのは口だけですが、一人でタバコに火をつけることができます。移動するときも、体をよじらせて前に進みます。漫画「バジリスク忍法帖」に出てくる地虫十兵衛のような感じです。

「フリークス」のストーリー

20世紀前半。世界には、奇形者や障害者たちを見せ物として扱い商売をするという”見世物小屋”があった。

この見世物小屋には、奇形者や障害者たちを一目見ようと大勢のお客さんが詰めかけていた。

 

ここで、一人の男がお客さんの前に立ちこう説明する。

「ここにいるのは、生身の怪物たちである」「それでは、ご覧下さい」

 

男が、檻の中にいる生き物をお客さんたちに見せると…

途端に「キャー!!!」という悲鳴が上がる。

 

男は続ける。

「この者は、かつては美しい女性でした。しかし、ある出来事によって、こんな姿になってしまいました・・・」

 

かつては”美しい女性”だったというこの生き物は、なぜ見世物小屋の見せ物となってしまったのか?一体、どういう姿をしているのか?

ここで時は遡り、この生き物が”美しい女性”だった頃の話へ…

以後の展開

ここからは、とあるサーカスにおける見世物小屋の醜い人間関係が描かれていきます。

小人症を患うハンスが、健常者のクレオパトラに恋をするのですが、クレオパトラはハンスが奇形者だということを理由に全く相手にしません。

それどころか、逆にハンスの財産を奪い取ってやろうと企む始末。

それでも健気にクレオパトラに尽くそうとするハンス。

二人の関係は、一体どうなるのか?そして、冒頭に登場する檻の中にいる生き物は、一体誰なのか?

Loading

コメント

タイトルとURLをコピーしました