【考察】「ウィリーズ・ワンダーランド」(ネタバレ)痛快!無敵の男(ニコラスケイジ)がバケモノたちをなぎ倒す映画

ホラー

作品紹介

制作 2020年
ジャンル アクションホラー(半分コメディ)
監督 ケビン・ルイス
キャスト ニコラス・ケイジ、エミリー・トスタ、リック・ライツ、クリス・ワーナー

映画を無料で見たい方はコチラ

この映画のみどころ

この映画の見どころは、主人公”名もなき男”演じるニコラス・ケイジの、痛快なまでの無双っぷりです。

通常、ホラー映画というのは、敵の力が強すぎて主人公をはじめとする人間たちはとても太刀打ちできるものではなく、得体のしれない存在から逃げ惑うという恐怖を楽しむものですが、この映画は少し違います。

主人公の男が、マジで強いです。強すぎて、バケモノなんてワンパンで倒してしまいます。

 

主人公の男が、人間を襲うバケモノたちをフルボッコにしていく、そんな映画です。

 

ストーリーは単純明快なので、難しいことを考えなくても楽しむことができます。ビールを片手に、軽い気持ちで見るのがおススメです(笑)

登場人物

名もなき男

本作の主人公。カマロを乗り回るハードボイルド風の男性。

無口で、終始一言も発しない。

何が起きでも動じず、どんな的にも怯まない強靭な精神力を持つ。たとえそれが、化け物相手だったとしても。

 

仕事は完ぺきにこなす職人肌で、秒単位で勤務時間を管理する。

リブ

本作のヒロイン。悪ガキグループの一員だが、割と常識的な判断ができる。

テーマパーク「ウィリー・ワンダーランド」を燃やすことが己の使命と思っている。

悪ガキグループ

リブを含む6人の男女からなるグループ。

「ウィリー・ワンダーランド」を燃やすことに情熱をかける。

修理工場の男

車の修理工場を営む。

クレジットカードは受け付けず、周囲にATMは全くないという融通のかけらも見られない営業。

テックス

あだ名は「マカドゥー」。

潰れたテーマパーク「ウィリー・ワンダーランド」を再建しようと目論んでいる。

保安官(女)

町の治安を守る保安官。リブを幼いころから知っている。

「ウィリー・ワンダーランド」の秘密を知っているようだが・・・

エヴァン

急遽派遣された保安官。この町についての事情は何も知らない。

ウィリー

テーマパーク「ウィリー・ワンダーランド」のマスコットキャラ。

イタチがモチーフ。

アーティ

テーマパーク「ウィリー・ワンダーランド」のマスコットキャラ。

ワニがモチーフ。

サラ

テーマパーク「ウィリー・ワンダーランド」のマスコットキャラ。

妖精がモチーフ。

キャミー

テーマパーク「ウィリー・ワンダーランド」のマスコットキャラ。

カメレオンがモチーフ

ガス

テーマパーク「ウィリー・ワンダーランド」のマスコットキャラ。

ゴリラがモチーフ。

おやすみナイト

テーマパーク「ウィリー・ワンダーランド」のマスコットキャラ。

西洋風の騎士がモチーフ。

オジー

テーマパーク「ウィリー・ワンダーランド」のマスコットキャラ。

ダチョウがモチーフ

ティト

テーマパーク「ウィリー・ワンダーランド」のマスコットキャラ。

カメがモチーフ

ストーリー

序盤

主人公の男(以下、「」)は、愛車カマロを運転中のところ、悪質な悪戯にかかってタイヤをパンクさせられる。

途方に暮れていると、1台のトラックが現れたので、運転手に頼んで乗せてもらうことにした。

そのトラックの運転手は、車の修理工場を営んでいるということので、男は早速修理をお願いすると、1000ドルを要求される。しかし、男は現金の持ち合わせがなく、クレジットカードも使用不可能と言われ、働いて修理代を返すこととなった。

ここで紹介された男が、テックスという経営者。聞くところによると、過去に廃園となったテーマパーク「ウィリー・ワンダーランド」の再建を目指しているため、園内を掃除してほしいとのこと。

男は、車の修理費を補填するため、1日限定で園内の清掃をすることとなった。

 

テックスは、「行こう、男の悲鳴は耳障りだ」と言い残し、ウィリーズ・ワンダーランドを後にする。

 

一方、少女リブは、テーマパーク「ウィリー・ワンダーランド」に放火しようしていた。しかし、その現場を保安官に見つかり、捕って監禁されてしまう。

ここで悪ガキグループがやってきて、リブを助け出す。

悪ガキグループは、引き続き「ウィリー・ワンダーランド」に放火をしようと盛り上がるが、リブは、男が園内で掃除をさせられているため、助けるのが先だと主張する。

リブをはじめとする悪ガキグループは、園内で清掃をさせられているを助けるため、「ウィリー・ワンダーランド」へ向かう。

中盤

その頃、男は一人で黙々と園内の清掃をこなしていた。

園内には、動物や妖精などをモチーフにした8体のマスコット人形が放置されている。

男はこの園内で不気味な空気が流れており、この人形たちがその元凶であることを敏感に感じ取っていた。

 

すると、ダチョウの人形・オジーが突然動き出し、「顔を食ってやる!」と叫びながら男に襲い掛かってきた。

バケモノの突然の登場に、男は恐れおののいて逃げ出す・・・どころか全く怯まず、手に持っていたモップを武器に、オジーを散々にぶちのめす。

 

男は、その後にゴリラの人形・ガスに襲われるが、同じく散々に打ちのめし、その後も淡々と清掃を続ける(つ、強い・・・)

 

その頃、リブと悪ガキグループは、「ウィリー・ワンダーランド」に到着する。

リブは、中にいる男に「これから放火をするから出てくるように」と声をかけるが、男は無視してそのまま掃除を続ける。

従ってリブは、男を外に連れ出すために園内へ入ることになった。

リブは、早くここから逃げ出すようにと再度男を説得するが、男はリブを相手にせず、清掃作業に精を出す(職人肌過ぎる!!)。

(その後、外でリブを助け出す算段としていた悪ガキグループも、なんだかんだで園内に入ることになる)

 

ここで男は、「ウィリー・ワンダーランド」に隠されれている呪われた過去の話を聞かされる。

「ウィリー・ワンダーランド」創業当初、表向きは子供向けのテーマパークということになっていたが、その裏では大量殺人が行われていた恐ろしい場所だった。

その後、警察の捜査が入るが、その時はすでに経営者主要8人は悪魔の儀式で全員自殺をした後だった。

そして、自殺をした経営者主要8人は、悪魔の儀式により自らの記憶と意識をマスコット人形に移すことに成功していたのである。

その後、テックスが「ウィリー・ワンダーランド」の再建を目指すが、マスコット人形たちが勝手に動き回り、人を殺すため再び廃園となった。

しかし、テックスはそれでもこのテーマパークを壊そうとしない。それには、ある理由があるのだという。

 

ここで、マスコット人形たちが再びリブたちに襲い掛かる。

混乱の中、悪ガキグループの一人が「今遊園地にいる」と保安官に電話をする。

電話を受けた保安官2人は、ついに動き出す。

終盤

2人の保安官は、パトカーに乗り「ウィリー・ワンダーランド」へ向かう。

そして、現状を理解できないエヴァンに、ベテラン保安官(女)は、この町と「ウィリー・ワンダーランド」の関係性について語る。

 

テックスは、一度は「ウィリー・ワンダーランド」を解体しようと試みたが、解体業者は全員人形たちに殺されてしまう。このためテックスは、解体をあきらめて放置することとした。

しかし、餓えた人形たちが町に繰り出し、町人たちを殺害するという事件が頻発することとなる。

町人たちは、人形のウィリーと話し合い、定期的に人質を差し出すことで町を襲わないという悪魔の契約を交わしたのである。

園内清掃を任された男は、まさにその人質ということだったのだ。

 

その頃園内では、悪ガキグループのメンバーが一人ずつ殺されていく中、男は相変わらずの強靭っぷりを発揮し、ナイトの人形・おやすみナイトワニの人形・アーティカメレオンの人形・キャミーをフルボッコにする。

 

男とリブは、園内からの脱出を図るが、扉を開けた瞬間に保安官に捕まってしまう。保安官(女)は、男が人形たちを破壊してしまったことをウィリーに詫びるのだった。

そして、男を一人園内に残し、エヴィンはリブを連れて帰ってしまう。

(帰りの車内、リブとエヴァンはカメの人形・ティトに襲われる。エヴァンは命を落とすが、リブはティトをやっつけて、「ウィリー・ワンダーランド」に戻る)

 

男は、一人残された後でもさらなる無双っぷりを発揮し、妖精の人形・サラをやっつける。そして、この期に及んでも清掃作業を続けるのであった(やだ・・・かっこいい♡)。

まったくやられる気配のない男の姿を見て、保安官(女)は銃を向けて男を殺そうとする。

しかし、ここでイタチの人形・ウィリーが動き出し、保安官(女)を一撃のもとに殺してしまう。

 

ここで、男とウィリーの最後の戦いが始まる。

 

ウィリーは、これまでの人形たちと違ってかなり強く、男は追い詰められてしまう。

しかし、缶ジュースを麻袋に入れたものを武器にするという機転を利かし、ついにウィリーを破壊することに成功する。

ラストシーン

次の日、テックスと修理工場の男は「ウィリー・ワンダーランド」の様子を見に来ていた。いつものように、男は人形たちに殺されているのだろうと予想していた。

しかし、園内が完ぺきに清掃されていることに腰を抜かす。

そして、園の奥からドヤ顔で男が出てきて、車のキーを渡すよう催促する。テックスは、約束通り修理された車のキーを渡すのだった。

男は、リブを乗せてカマロで颯爽と走りだす。

 

男が去った後、テックスと修理工場の男は人形がすべて破壊されたことに喜んでいると、妖精の人形・サラが登場する。なんと、サラだけは破壊されずに残っていたのだ。

サラは、車のガソリンに引火させて二人を殺してしまう。

考察及び感想

本作は、名もなき男が人質として遊園地内に送られ、襲い掛かる人形たちをフルボッコにするという単純明快かつ痛快なストーリー。

死体はちょくちょく出てきます。グロいといえばグロいですが、そこまでえぐいシーンはありませんので、グロが苦手という方でも安心(?)して見られる映画だと思います。

 

ホラー映画ということで、少し構えて見ていたのですが、そこから湧き上がってくる恐怖という感じではなく、どちらかというとゲームのバイオハザード(初代を除く)をプレイしている感覚に似ています。

あまり怖すぎると夜眠れなくなる私としては、ちょうどいい怖さ具合でした(笑)

 

また、コメディ要素がちょいちょい入り込んできます(笑)

パッと見かわいらしい感じの人形に対して、真顔で睨みつけるニコラスケイジは、どことなくシュールで笑えました。

 

あと、主人公の男の時間管理具合がもはやギャグとなっています。

男は、テックスから園内の清掃を命じられると、腕時計のタイマー機能を利用して完ぺきな労働時間管理を見せつけます。

腕時計がピピっと鳴ったら清掃開始。再びピピっと鳴ったら休憩で、コーラを飲み干してビンボールゲームに興じ、ストレスを発散する。その繰り返しです。

このサイクルは、バケモノがいようがいまいが全く変わりません。

さあ、これからバケモノと一戦やるかという時に腕時計が鳴り、リブにナイフを渡して突然休憩に入る男。リブは、唖然としながらバケモノと戦います。

ウィリーとの決戦直前。男はウィリーを睨みつけ、さあ最後の戦いが始まるぞという一番緊迫した場面でも、腕時計がピピっと鳴って、男は休憩に入りノリノリでビンボールマシンに興じます。

大爆笑とまではいきませんが、「フフッ」と笑わせてくれるギャグ要素。全般的な”ホラーの雰囲気”を壊すことなく、大人の笑いを届けてくれました。

主要VOD4社配信状況

見放題 有料
Amazon Prime Video ×
U-NEXT ×
hulu × ×
TSUTAYA TV ×

映画を無料で見たい方はコチラ

 13,360 total views,  2 views today

コメント

タイトルとURLをコピーしました